申込み前には仮審査を利用すると安心

金融業者のサービスの一環として申込みを行う前に簡単な仮審査を受けることができるようになっています。この仮審査はシミュレーション診断やお試し診断などとも呼ばれており、審査に受かるかどうかどうかやまた借入可能金額などがおおまかにわかるというサービスです。

 

このサービスを利用することのメリットは申込みする前に自分は審査に通るのかどうかがわかるので、無駄な申込みを省くことができるだけでなく、金融商品に申込みするとその情報は全て信用情報機関にのってしまいます。

 

そのため申込みして審査に落ちる、また申込みして審査に落ちるなど繰り返してしまうと信用問題にも関わってきてしまうのです。しかし事前にわかればこのようなことも回避することができるのです。

 

仮審査について

 

金融業者の商品によっては審査を受けたところ再審査になってしまうこともあり、再審査の場合は最初の審査よりも厳しめになる場合もあります。

 

そのため審査はできるだけ1度でクリアしたいものですよね。各金融業者が行っている仮審査について簡単に説明していきたいと思います。

 

仮審査の流れとは?

 

仮審査は金融業者の公式サイトから利用することができます。いくつかの簡単な項目を入力するだけで利用できるようになっています。

 

例えばこのような情報の入力が求められることがあります。年齢、性別、国籍そして年収、雇用形態、勤務年数、また持ち家か賃貸かなど、そして他社からの借入金額、最後に融資希望金額などが一般的です。

 

これらの内容をもとに仮の審査が行われるのですが、審査に通りたいがために虚偽の申告をしても後でわかってしまいます。

 

仮審査の結果について

 

審査の結果についてですが、必要事項を入力し診断するとその場で融資が可能かどうかわかるようになっています。

 

またもう1つのパターンとしては希望融資金額を入力して審査受けるという方法もあります。希望した金額が可能かどうか、また可能でない場合であってもいくらまでであれば融資可能かなどがわかるようになっています。

 

 

 

 

 

プロミス