カードローンの仮審査が不安な時は?

審査内容は会社ごとに違う

 

カードローンの申し込みを検討している人は、仮審査が不安だという場合があるでしょう。特に、初めてカードローンに申し込む場合には、その不安が大きいかもしれません。

 

しかしながら仮審査においては、審査される内容や基準は会社ごとに違いがありますので、どうすれば通るかということを明言することは難しくなってしまいます。

 

細かい審査内容は会社ごとに違いますし、大きく分けても銀行と消費者金融でもやや傾向が違うと言われています。ただし、年収や雇用形態、勤続年数、現在他の会社などで借入している場合はその額、といった項目についてはほとんどの場合において審査の対象となるようです。

 

仮審査で落ちるケースは

 

仮審査では、申し込みした人の基本的な情報を元に、信用情報を照会して自動で判別するような仕組みとなっていますので、先ほど挙げたような年収などの項目において問題がなければ落ちる可能性は低くなります。

 

一方で、信用情報を照会した結果として良くない情報が分かった場合には、落ちてしまうこともあります。例えば、過去にカードローンを利用した際に返済が滞ったことがあるという場合や既に複数のカードローンを利用しているという場合などは、落ちてしまう原因となります。

 

他にも、ある短い期間の間に複数のカードローンへの申し込みを行っているようなケースも落ちる可能性が高まります。もし、これらのケースに該当するという場合には、時間がある程度経過して信用情報の履歴が消去されるまで申し込みを控えるなどの対策をとる必要があるでしょう。