カードローンの仮審査において必要な履歴とは?

過去の遅延や延滞履歴、または他への仮審査履歴などを確認される事も

 

カードローンの申し込みを行うと、次のステップとして仮審査があります。仮審査は通常、年収や職業などを入力もしくは記載するだけのものですが、過去にも借り入れの経験がある方であれば、名前や住所から過去の遅延や延滞の履歴を知られる事となります。

 

そしてこのようなトラブルがある場合、仮審査に通らない事があります。また、仮審査では特に問題とされなくても、本審査の段階で詳しく内容を聞かれますので、ご自身のこれまでのカードローンの利用や返済の履歴については、今一度詳しく知っておく必要があります。

 

次に、他のカードローン会社からの借り入れや、これまで借り入れをした会社の数などもチェックされます。場合によっては借り入れ総額や返済残高を尋ねられる事もありますが、その際は適当に答えずきちんと正確な数字を伝える事が大切です。

 

借り入れ総額が年収と比べて大きいと判断されると、融資限度額が希望よりも下げられる可能性もあります。

 

仮審査こそ慎重かつ丁寧に行うべき

 

ここ数年、インターネットから申し込みから実際の融資までを完結して行えるカードローン会社も増え、ますます便利に手軽なものとなっています。

 

しかし、あまりに簡単だからといって複数のカードローンの仮審査を行う事は止めましょう。仮審査とは言えすべて履歴として残ってしまう事なので、本当に融資をお願いしたい時には審査に通らないといった事態にもなりかねません。

 

とは言え、カードローン会社によって履歴をしっかりと確認するかしないかは変わってきます。自己判断はせず、履歴も確認されるかも知れないという認識を持つ事が大切です。