プロミスのクイック診断3秒審査ってなに?

貸金業法の改正があり、総量規制というものができたことを知っているでしょうか。

 

年収の3分の1を超える借り入れはできないという規制です。もしプロミスのフリーキャッシングを利用したいと思ったときに、年収の3分の1以上の借り入れを申し込めば、ブラックリストに入っていないとしても審査には通らないことになります。

 

プロミスのキャッシングを利用しようと思ったときには、3秒で借り入れが可能か分かるクイック診断を受けてみてはどうでしょうか。

 

3秒審査を受けるには

 

プロミスの3秒審査を受けるためには、3項目を入力する必要があります。1つは生年月日です。プロミスのキャッシングは、20歳以上69歳以下が対象となるからです。

 

2つ目は年収です。ボーナスを含めた1年間の収入の総額を入力します。3つ目が他社を含めて自分が借り入れをしているキャッシングの利用総額です。これは、過去の分は含んでいません。また。住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードのショッピング分も含んではいません。

 

以下のことに注意して3秒審査を受けてみましょう。

 

もし3秒審査に落ちてしまったら

 

プロミスの3秒審査に落ちる原因としては、年収の3分の1以上の借り入れを希望してしまった可能性があります。また、入力間違いなどのケアレスミスもよくあることなので、間違いがないように注意してもう1度診断を受けてみてください。

 

それでも落ちてしまったとしても、あくまでも仮審査なのでがっかりすることはありません。あきらめずに本審査を受けるようにしましょう。3秒審査で落ちてしまっても、本審査で通ると言うことは良くあることなので大丈夫です。

 

本審査では、借入額が50万円を超えるときと、他社からの借り入れ総額が100万円以上超えているときには、収入証明書類の提出が必要になります。

 

プロミスを始めて利用するときには、50万円以下が限度額となるので収入証明書がなくても申し込みをすることができます。つまり、総量規制に関係がなく申し込みができるということにもなるのです。

 

3秒審査に受かった後は

 

プロミスの3秒審査に受かったとしても、すぐにキャッシングができるわけではありません。申し込みをして、さらに審査、契約、融資という過程を踏んでいくことになります。