カードローンは仮審査に受かっても安心できないって本当?

仮審査の後には本審査がある

 

カードローンに申込みすると仮審査が行われてその後本審査になるのですが、この仮審査と本審査にはどのような違いがあるのか知らない人も多いと思います。カードローン初心者の方であれば2回も審査が行われること自体が知らなかったという人もいるはずです。

 

仮審査はコンピュータで行われる

 

カードローンに申込みするとまず仮審査が行われるのですが、これは申込み時に記入した内容などをもとにコンピューターにて自動審査が行われるものです。

 

これはふるいにかけられているようなものであり大まかな審査が行なわれているだけでなのです。カードローンの審査が早くなった理由はこのコンピューターによる自動審査が取り入れられたからなのです。

 

仮審査通過だけでは安心できない

 

しかし仮審査に通ったからといって安心はできません。今度は本審査が行われるのです申込者の情報を基にさらに審査されて、勤務先への在籍確認なども行われます。そのため仮審査に通った人であっても本審査によって落とされてしまう可能性は十分にあるのです。

 

例えば在籍確認した際に会社に在籍していないことが発覚してしまったり、また他社からの借入金額や年収などをごまかして書いた場合などでも本審査によってばれてしまいます。

 

もし不安な要素があったとしても嘘の申告をしてしまうとさらにマイナスのイメージを持たれてしまうのでやめた方がよいでしょう。

 

銀行よりも消費者金融のカードローンのほうが審査に通りやすいと言われていますが、最近では銀行であっても即日融資に対応していたりパートやアルバイトの方でも利用できるカードローンも増えてきています。そのため以前よりも審査は通りやすくなっているようです。